僕には僕の道がある。天与の尊い道がある。

30歳独身男。禁欲・節制トレーニーが本気の恋愛の末に結婚、子どもを授かるまでの雑多を綴るブログです。

#8 禁欲19日目 禁欲の前半戦は自分の変化にいかに気付くかが大事。

 ばんわ!

 

プレゼンが終わり、職場の上司と飲んできました。

いやー、いつもながらいいもん食わしてもらった。

 

 

そして会社のこととか、若手の僕らがどうやったら1番働きやすいかとか、ほろ酔いながら一緒に考えてくれる。

 

 

 

こんな上司との飲み会楽しいですし、いつか自分もこうなりたいって心から思います。

 

 

 

ただ、今日のプレゼンは相手も相手というダメな余裕と慣れてきたこともあって事前に練習も時間配分もしなかったから、なんか自分的には全然やったなー。

 

 

 

ちょっと言葉選びも間違ったし、変に声も出なかったし、やはり、準備というのはどんな状況でも120%するべきなんやな。

 

 

 

めんどくさいと思っても、いざ本番で上手くいかないと何が嫌って、自分が自分に腹立つことですね。ちょっといい教訓になりました。余裕ぶっこくのやめます。

 

 

さて、前置きが長くなりましたが今日の記事です。

 

 

禁欲の前半戦の効果は自分の変化と向き合うことで真に実感する!?

 

 

オナ禁の前半戦とか、定義は曖昧ですが、僕の中では性衝動に振り回されなくなった時だと思います。

 

 

人によっては10日〜30日くらい。

街中で刺激的な女性を見ても息子が反応しなかったり、

テレビで水着美女が出てきても反応しなかったり、、、

 

 

その時の自分の変化をいかに感じるかは、

今まで「ダメだとわかってるのに、なんか我慢できねーよな」

っていう"衝動"に対して自分がどう変化するかだと思います。

 

 

 

例えば、

何かイライラしたら甘いものを暴走的に食べてしまうとか、

節約しようとおもっても、目の前に欲しいものがあったら、

すぐさまいろんな理由をつけてクレジットで買うとか、

 

 

 

ある条件で欲望がふと現れたら自分ではどうしようもできなくなる感じですね。

 

 

 

 

僕の場合は

 

 

夜飲みすぎると、一時期風俗に行くという悪すぎる習慣ができておりました。

 

 

1番ひどい時は

お酒を飲む=女性を抱く

という条件反射が脳に刻みこまれているようでした。

本当に最悪でした。

 

 

これは結構な悩みでした。

お金もどんどん無くなるし。

 

 

 

 

でも、今日はそんな誘惑も生まれず、

しれっと帰宅しました。

 

 

 

ただ、今日の帰りはなんだろう。

不思議なくらい色んな女性がお酒に飲まれてたなw

それもまた記事にします。

 

 

とりあえずよう記事書いたわ、眠い。

おやすみっさい