僕には僕の道がある。天与の尊い道がある。

30歳独身男。禁欲・節制トレーニーが本気の恋愛の末に結婚、子どもを授かるまでの雑多を綴るブログです。

#30  禁欲39日目。胸がドキドキするっていうのはこういうことなの?モテ効果についても考察。

f:id:goldjymman:20180914100439j:plain

おはようございます。とんでもない4日間を何とか乗り越え、週末を迎えました。この一週間はわが社にとっては年間で1番の繁忙期でもあります。

 

そんな繁忙期にもブログを書けるのが本物なのでしょうが、なんせ24時退社7時出勤というハーディーなスケジュールだったため、しばらくブログ更新できていませんでした。

  

ですが、このブログから離れた数日がネタを考えるいい機会になって、ポンポンっとこんなこと書きたいなというのができたので、こういう休日を使って遅れた分は取り返していきたいものですね。

 

 

まずそんな復活初日はこの数日で起きた出来事から禁欲39日目の効果を体感・効果をまとめていきたいと思います。

 

 

 

無駄なドキドキと興奮。そして執着分散の行動開始!新たな女性はどんな人?

f:id:goldjymman:20180914201734j:plain

昨日、朝イチで同僚女性とトレーニングしてきました。その女性は自分でも朝ランニングしたり、トレーニングが好きなアクティブな方です。

 

僕がアーリートレーニングが良いということを社内で話していると「わたしも今度やりたい!スクワット教えて!」ということでやることになりました。

 

 僕は一応、NSCAのトレーナーの資格も持っているので友人や後輩、そして土日にやっているスポーツアカデミーの中高生にはトレーニング指導をしている経験があるので、ある程度のフォーム改善や指導はできます。まぁ、まだまだですが。

 

 

なので今回このとりわけ美人でもない同僚にトレーニング指導するのはその延長かな~と思っていたのですが、なんと禁欲39日目である気付きを得てしまったのです。

 

ちなみに同僚女性は佐藤仁美をこねくり回したような人なのでここでは仁美さんっていいます。年上です。

 

 仁美さんはとりあえず痩せたい!脂肪が付きにくい体になりたい!ということだったので、トレーニングの王様スクワットを教えました。

 

女性は僕らが思っている以上に筋力がないので「この重量で!?」というところでつぶれそうになります。そこで僕は後ろに立って補助をするわけですが、、、、、、

 

 

 

こうなります(図の下手さはご愛敬で、、、笑。中高の美術はオーーール2でした)

f:id:goldjymman:20180914203851j:plain

 

 

 

 

いわゆる立バック状態になるわけです。笑

 

 

 

 

 

 

 

そして鏡越しには顔をゆがめて食いしばっている仁美さん。無駄な妄想。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「なんか仁美さんと立バックしてるみたいだな。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

繰り返し言いますが。無駄な妄想です。

 

 

 

そりゃ満員電車とかで女性が近くに来ることはあっても、お尻をこっちに差し出して顔をゆがめることなんてしませんよね。当然ですが。笑

 

 

 

 

いやだからこういう状況が珍しくても、、、、、、、まさか、、、、、、仁美さんに、、、、、、興奮するとわ。

 

 

仁美さんを万が一、いや兆が一、抱くことになったらこういう光景が広がるのかと全く無駄な妄想がでてきました。。。。。。恐るべき禁欲。笑

 

 

 

 

昔は女子サッカーチームにも指導したことあって、同じように女子高生とかにスクワットの補助はしたことありましたが、こんな妄想したことなかったのにな。

 

 

しかも相手は女子高生だし、より刺激が強いのだろうけど。

 

  

おそらくその時はトレーニング指導に必死だったんでしょうね。フォームとか動きを見ることに。禁欲でいい意味で女性に今までよりもずっと余裕をもって接することができるようになって、こんな無駄な妄想をするまでになったのです。

 

 

 

禁欲ってすごいね。

 

  

今まで絶対ナシだった仁美さんが少し女性に見えるんだから(オイコラ)

 

 

 

 

ということで昨日から今日にかけて性欲が危ない状況ですのでしっかり自分を律して生活していきたいと思います。

 

 

仁美さんのおかげでブースター発動!執着分散の法則を活かして2人の女性に連絡!

 

 

仁美さんとのトレーニングが終わり、朝出勤したのは良いものの、立バック妄想を引きずって、謎過ぎるくらい性欲が高い日でした。あぶなかった。

 

 

前回のセクリセをした女性とは連絡を断っているので、完全断射期間は11日目を迎えるわけです。もう性欲はピークに達しております。

 

 

そのため、このエネルギーを使って、2人の女性に連絡をとりました。しおりちゃんだけをずっと追いかけると余裕がなくなるので、水野敬也さんの理論である。執着分散理論をついに実行に移したのです。

※執着分散理論とは、一人の女性を追いかけすぎると余裕がなくなりキモくなるので、複数の女性を口説くことで「この人にフラれても別に他がいる」という余裕を持たせることで、大本命にもありのままの自分でいけるという水野氏の著書に書いてある素晴らしい理論です。全男性一読の価値あり。

LOVE理論

LOVE理論

 

 

二人は前回の記事で話したアプリではなく、普通に仕事やプライベートで仲良くなったお二人です。アプリはいまはomiaiで落ち着いているんですが、なんか、タイプの人とマッチングしないのでいまは放置中。笑 

やたら4,50歳の女性からイイネくるのはなんで?泣

 

kinkintoreman.hatenablog.com

 

まぁ、アプリは順調にいったときまた記事にしますが、今回は現実世界で出逢った人で執着を分散しようというわけです。

 

一人は旅行会社に勤める里依紗さん。

会社の慰安旅行で出逢いました。仲里依紗にちょっと似てる。性格も優しくて良い子なので全然彼女になってもらったら、幸せになるだろうけど、しおりちゃんという大本命がいるおかげで連絡をしていませんでした。が、水野師匠が背中を押してくれ、口説きにかかろうと思います。

 

二人目は美容師のゆりちゃん。

僕が通っている美容室で働いています。もうかれこれ5年くらい切ってもらっているけど、なかなかの黒髪美人。たぶん遊び上手な女性。夜の仕事もしていると思う。

 

最初美人過ぎて緊張しすぎて話せなかったけど、今は時がすべてを解決してくれて仲良くなり、受付でライン聞けるまでになりました。4年くらいかかったけど。笑

 

最近彼氏と別れたとは聞いていたので飲みに行こか~と話したっきり、まったく連絡とっていませんでしたが、繰り返しになりますが、水野師匠が背中を押してくれました。

 

 

 

もう、ダラダラとラインするのが億劫だったので、「久し振り!元気?ちょっと仕事が落ち着いてきたので、下半期に向けて決起集会飲み会しよ~」

 

 

と適当に連絡を取りました。もう、自分でも早く会いたくて、何も考えない雑なメールだなと反省しつつも、、、、、

 

 

 

 

 

 

さぁ、結果は!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※内容は端的にしています。

 

 

里依紗さん

「お久しぶりです~え~ぜひぜひぜひ!行きましょう!明後日わたし空いてますよ~」

 

ゆりちゃん

「いつもありがとうございます!ぜひ行きたいです!日にち合わせましょう~」

 

 

 

 

 

二人アポゲット ;∀;)しかも即。

 

 

 

 

 

 

 

 

なんか。なんだろう。調子ええぞ!こんなにトントンと女性と飲みに行けるなんて!やっぱ禁欲の効果か!?運が良くなるとは本当なのか。

 

 

 

 

また、この二人との飲み会の内容は記事にしたいと思います。

 

 

 

 

 

 

そしてそして、今日は遠方から親友夫婦が僕の家に遊びに来ます。夜は飲みに行くのですが、なんと親友夫婦のナイスアシストで「近くに住んでる大学の時の友達ゲストで呼んであげる♡旦那のお気に入りの子だから、コウジくんよかったら仲良くなってね~」ってさ。

 

 

 つまり3人の女性と出逢えるようになりました。これは禁欲効果といっても過言ではないでしょう。

 

 

最後の一人はたまたまですが、最初の二人は禁欲の果てに自分の本能が「おい!この女性と逢いなさい!」と促した気がします。

 

 

だって、いままで連絡しようと思っていなかったのにヒラメキに近い感覚で「ぁ、里依紗さんとゆりちゃんと飲みに行こうかな?」とピーンときたのも事実です。

 

 

そういった思考回路にも影響を及ぼしているのかもしれませんね。

 

 

ちょっと下半期が楽しみになってきました!また随時更新していきたいと思います。

 

 

 

ちゃお

 

 

 

 ///////////////////////////////////////////////////

編集後記

 

記事を書いている間に里依紗さんから連絡があって17日のみに行くことが決まりました。僕の家の近所です。やばい。この二日間、性欲との仁義なき闘いが始まりそうです。