僕には僕の道がある。天与の尊い道がある。

30歳独身男。禁欲・節制トレーニーが本気の恋愛の末に結婚、子どもを授かるまでの雑多を綴るブログです。

#65 僕がバルクアップするためにやってきたこと。【ジムデビュー怖くないよ編】

f:id:goldjymman:20181014205651p:plain

こんばんわ。昨日も更新できませんでした。一応ブログ日数と記事数的には一日1記事はクリアできているんですが、やはり【毎日】更新しないと気持ち悪いですね。

 

さて、そんな更新できなかった昨日は、実は引っ越しのための部屋探しをしてきました!

 

また、どんな部屋でどんなところかはプライバシーの範囲内でお伝えしようと思いますが、良い物件が見つかりました。

 

以前、同僚の女性に言われたある一言で自分は女性運が下がっているのではないかという気づきをこの記事で書きましたが

 

kinkintoreman.hatenablog.com

 

それ以来、いろいろと調べ、神社にいって穢れをとったり、気持ちをリフレッシュさせてきました。その過程で学んだことは、女性運やそういった運気を一気に変えるためには引っ越しが手っ取り早いということです。

 

 

住む環境を一気に帰ることで、僕の人生の花を開かせます!

 

 

そして、初詣でもらった末吉のおみくじには引っ越しは「北西」が〇とありましたので、北西方向で適当に物件を探してみたところ、街中でジム近の満足できる物件を見つけることができ、来月には引っ越せそうです!

 

 

いよいよトレーニングを本格的に行い、そして運命的にも動きだしそうな予感ですね。また、じっくり記事にします。

 

 

 

前回の記事は、婚活パーティで仲良くなったリコちゃんから体格のことを誉められ、多くの人がバルクアップに努めてみては?という内容でした。

 

kinkintoreman.hatenablog.com

 

なので、今回の記事では、僕がバルクアップするまでの過程や今もなお行っていることをご紹介しながら、皆さんをゴールドジム会員に引き込もうという作戦です。笑

 

あの、ゴールドジムの回し者ではございません。

 

ゴールドジムでなくても、他のジム施設が近くにある場合はそちらをご利用いただいてもさして変わりはありません笑

 

 

禁欲トレーニーのジムトレ史、ジムは一歩踏み出すだけで世界が変わる!

f:id:goldjymman:20181014210415p:plain

はい。このブログでは、ときたま、トレーニーっぽいうんちくを垂れている私ですが、そもそも一年前にトレーニングを始めた時は市民体育館のちっぽけなジムから始めたようなもんです。

 

 

そこから、某スポーツ&ゲームメーカーのジムの会員となり、そして数ヶ月後には晴れてゴールドジムのエリアメンバーとなったわけです。でも今思えばビビらずゴールドジム一択にしておけばこんなに時間を無駄にしなかったのになって思います。

 

 

そこで僕が市民体育館からゴールドジムに移行していく過程で感じたことや思い込みだったな~と感じたことを挙げていきたいと思います。

 

 

ゴールドジムは決して敷居は高くない。一般女性も男性もたくさんいる!

f:id:goldjymman:20181014212127p:plain

僕はゴールドジムは勝手に「ボディビルダー専用ジム」「アスリートや本格的なスポーツマンのためのジム」的な思い込みをしていたんですが、全くそんなことありませんでした。

 

 

まだ別のジムでトレーニングをしていたころ、TVでゴールドジムプロテインラウンジが話題になっていて、しかもおいしい!と聞き、前からちょっと気になってました。

 

そこでジムに問い合わせるとサプリや商品購入はOKということで初めてゴールドジムに足を運んでみました。いわゆる冷やかしです。

 

 

するとラウンジから中の様子が見えるんですが、結構健康志向でランニングマシンやダンベルを使っている中年男性や女性がたくさんいたり、美容と健康のために頑張っているOLさんみたいなひともたくさんいて

 

「あれ、、、普通のジムやないか。」

 

 

と感じたのを覚えています。トレーナーさんにお願いして見学させてもらったら、奥の方で確かに本格的なビルダーがフリーウェイトエリア(マシンを使わず、バーベルやダンベルをつかってスクワットやデッドリフト、ベンチプレスを行うスペース)でちらほらいましたが、その中にも一般男性がたくさんいました。

 

 

「俺も、いける?ってか誰でも行けるジムやん」

 

 

って感じました。なので、皆さんも一度、近くにあるジムの見学してみるとイメージ変わるかもしれませんね。

 

 

②トレーニーは怖くない。だって自分に必死なんだもん。

f:id:goldjymman:20181014212951p:plain

よく「ジムにいる人が怖そうだからゴールドジムはなんか足がひける・・・」

 

って言われますが、確かにいますよ。本物は!

 

 

僕が通っているところは日本ボディビルの大会で入賞する人もいるところなので、本物というか、プロもいます。

 

 

でもその人たちが僕ら一般人を見て、「なんだコイツ」「じゃまだな。」「なんだそのへなちょこな体やトレーニングは」

 

 

なんて思いません。だって彼らや最近の僕(自慢)もそうなのですが、自分に必死なんです。自分に夢中なんですもん。

 

 

レーニングでスイッチはいったり、ゾーンに入ると、正直周りは見えません。

 

 

むしろ、ロッカーとかでは道譲ってくれたり、気を遣ってくれたり、トレーニーって紳士な人多い気がする。

 

 

ジム内で殺気立ってたトレーニーにロッカーで「先、トイレいいですよ★」なんて言われた時、ちょっと惚れかけたやないか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はい、しょうもない話でしたが、そもそもトレーニーさん達は自分の世界に入り込んでます。

 

 

 

というか、ジムに一人だけになってるんです。

 

 

 

頭おかしいとか思わないでくださいね。笑

 

 

 

 

うまく伝えられないのですが、昔AV女優がある雑誌のインタビューで自分の仕事について熱弁してたのが的を得ているのでご紹介します。

 

AVの撮影って始まる前はすごく緊張もするし、なんか周りの目とか、うまく撮影できるかな~って考えちゃうんですけど、いざ、撮影が始まると、なんかどんどん自分の世界に入っていくんですよね。スタッフさんや監督さんが一人ずつ消えていって、カメラマンさんも消えちゃって、ベッドの上には男優さんと私だけになる。そしてついには私だけになって、そして撮影の最後は私さえもフワ~って消えちゃうんです。でもその時の達成感は大好きなんです。撮影終わったあとに「ぁ、こんなに人いたんだ笑」って恥ずかしくなります。

 

 

 

 

そう、ジムでトレーニング始めた頃は周りの目も気になるんですが、慣れてきて、トレーニングのスイッチが入るようになって、2,3種目目に突入したときはジム内には俺だけしかいない!って感覚なんですよね。

 

 

「まわりとかどうでもええ。俺は俺と勝負してるんだ。俺の体力と俺の意志力とのタイマンなんや。」

 

 

って感じです。笑 僕の場合、スクワットやった日なんか、今から喧嘩しに行くのかっていうくらいの目をしています。眼力がやばい。

 

 

なので、周りの目は気にしなくて大丈夫です。トレーニーはみんな自分大好き。鏡に映る自分しか基本興味ありません笑

 

 

ただ、ときたま登場する美女トレーニーはいつも鏡越しに見て、起爆剤にさせていただいております。笑

 

 

 

まとめ

 

 

と、いうことで簡単なのですが、ジムって皆さんが思っている以上にハードルは低いです。

 

敷居は高くありません。むしろ敷居なんかないくらいです。

 

 

もし、お近くにいいジムがあれば、一度足を運んでいただき、雰囲気だけでも感じてみるのも一つではないでしょうか。

 

 

そして、ジムに行きながら、トレーニーのトレーニングをまねてみるってのも結構いいですよ。

 

僕もしょっちゅう周りのトレーニーの真似てトレーニングしてますし、その中で「え。この方法だとここにこんなに効くんや」って新しい発見もあります!

 

そして、周りの強者に刺激をうけ、「俺もいつかあの人みたいにバルクアップしたる!」っていう目標も見つけやすいし、ジム行くたびに会うので、モチベーションも維持できます。

 

 

具体的な方法や継続の仕方はまた、追って記事にしますね☆

 

 

 

では眠いので寝ます。

 

 

 

明日も頑張りましょう。

 

 

 

 

ちゃお

 

 

 

//////////////////////////////////////

編集後記

いよいよ、ジム近に引っ越し、そして夢の都会のマンションです☆職場もジムも街もアクセスしやすくなって、どんどん生活にいい変化が起こりそうです!これで可愛い女子大生の彼女とかできたら申し分ねぇなぁ~ぁあっぁぁ頑張ろ♡