僕には僕の道がある。天与の尊い道がある。

30歳独身男。禁欲・節制トレーニーが本気の恋愛の末に結婚、子どもを授かるまでの雑多を綴るブログです。

#67 僕がバルクアップするためにやってきたこと。【ぼくのジム依存症になるまでの軌跡編】

f:id:goldjymman:20181016112414j:image

 

ちわ!

 

今日は、比較的仕事が緩やかな日なので、こういう日に記事の書き貯めをしておきたいものですね。

 

さて、朝は6時ジャストにジムに到着することができ、アーリーワークアウトを開始することができました。久し振りに背中を鍛え上げてきました。

 

今まではルーマニアデッドリフト(以下、RDL)を100㎏×10×4セットでへとへとでしたが、本日は120㎏×10×2セット+100㎏×10×2セットと成長の兆しが見えとても達成感のある朝でございました。笑

 

背中に自信が付くとどうしてもいろんなところにぶら下がりたくなるのが厄介ですね。一昨日もワイシャツ姿でオフィスの一角にある、ぶら下がれる場所で一人で懸垂してたら同僚に苦笑いされました。笑

 

 

さて、本日は僕がそこまでトレーニング&ジムにのめり込むようになった軌跡をご紹介します。

 

「ジムになかなか通えない!通う気になれない(>_<)」という方に少しでも参考になればと思います。

 

週に1回で満足していた男が週5,6のトレーニーになるまで

f:id:goldjymman:20180917133525j:plain

僕も初めからトレーニング大好き人間だったわけではありません。

 

レーニングを始めたきっかけは、長年連れ添った彼女との別れを決断するくらいの女性(景子ちゃん)と出逢い、そこでもっと魅力的な男にならないと!と思ったのがきっかけです。

 

その後、大失恋をした後の悔しさや寂しさをぶつけるようにトレーニングを続けたのがある意味良い習慣化につながったのかもしれません。

 

 

まぁ、それはこの記事に書いてあります。

kinkintoreman.hatenablog.com

 しかし、そんな悔しさから無理くりジムに行っていても結局、飽きてきます。

 

半年ほど経つと悔しさも薄れ、、、週に1回ジムに通うのが必死になっていました。笑

 

「あぁ、、ジムいきたくねぇ。でも体変えるために。がんばろ・・・・。」

 

と、トボトボとジムに到着し、運が良ければ、スイッチが入ってワークアウトを1時間以上行い、調子が悪ければマシンをカチャカチャ冷やかしのように動かしてすぐ帰るという生活が続きました。

 

 

そして年明けの1月から3月いっぱいまでは繁忙期でしたので、3ヶ月幽霊会員でした。笑

 

 

そんな紆余曲折があり、今がありますが、そこからどうやって立ち直ったのかを整理してみようと思います。

 

 

①通いやすいジムに変更した。

f:id:goldjymman:20181016103208p:plain

3ヶ月さぼり倒し、多忙からか、暴飲・暴食・暴射が続いた僕は、家で鏡をみて「何だこのお腹は。緩みまくっとるやないか!」と自己嫌悪に陥ります。

 

 

そこで、「どうやったらジムに通いやすくなるだろう?」と考えたところ、職場から近いところに移籍するのもアリかなと考えました。今までは新築の綺麗なゴールドジムの支店に通っていました。しかし、そこは街中で、家と職場の通勤経路から離れ、そして駐車場も狭いところでした。

 

 

古いけど、職場から近場で駐車場が広く、24時間営業のところもあったので、すこし施設はぼろいですが、そちらに移籍しました。

 

 

これが大正解!意外と通うストレスって大きいんだなと実感しました。会社帰りにスッと行けるし、駐車場も常に空いているというのは実はかなり大きなメリットなんです。あと個人的にサウナがデカいのも良かった。

 

 

そのジムに移籍してから週1で何とか通えるようになりました。

 

 ②ジムに”行く”だけでもいいじゃないか!サウナだけでもいいじゃないか!と考えるようになった。

f:id:goldjymman:20181016113715p:plain

 

 

 

今でこそ、朝・夜の一日2回のトレーニングを行う僕ですが、

kinkintoreman.hatenablog.com

 そりゃ、やる気の出ない日もあります。疲れて精神的に摩耗してるときなんか、マシン動かしただけで吐き気がします。笑

 

そんなときは正直、サウナだけ入りに行きます!笑

 

サウナを何セットか入った後、冷シャワー浴びたら気持ちもすっきりするし、夜快眠できるし、たまに飲むビールなんか格別だし、次の日頑張ろうってなります。

 

 

でも大事なのは「ジムに足を運ぶこと(できれば毎日)」

 

 

 

かなって思います。

 

 

人間何かにつけてさぼりたくなるじゃないですか。体調とか、怪我とか、仕事とか。

 

 

でも、継続したいことはできるだけ毎日触れたり見るだけでも接点は持っておきたい。

 

 

そして、接点を作った自分を誉める。「今日はあれだけ疲れてたけど、サウナだけいったし良しとしよう!だって体に良いことしたんだし!」

 

 

といった感じで!

 

 

これは、ロッカーでプロのボディビルダーの方が仲間と「今日は全ッ然やる気でないし、サウナだけ入って帰るわ!5セット入ったらプラマイゼロだよな!?」

 

と話していたのを聞いたのをマネしました!(いまだにプラマイゼロの意味は分からないが。)

 

 

是非、皆さんもやる気が出なくても何かしら続けるってことをお試しあれ。

 

 

 

③トレーニング離れしているときでも、サプリやトレーニング動画をみる。

f:id:goldjymman:20181016103856p:plain

3ヶ月さぼっているときは、好きなモデルさんや憧れのアスリートのトレーニング動画や、有名なサプリメントサイトをネットサーフィンして気持ちを保っていました。

 

「へぇ、アメリカのExtend社のBCAAなんかよさそうだな」

 

クレアチンって学生の時飲んでたな~懐かしい!今度買ってみようかな」

 

「宮川マヤさんのトレーニング動画は美しすぎる。そして俺より数倍ストイック。こういうキレイな人ってどこかできっと想像を超える努力してんだろうな。」

 

すると、ムクムクと膨れ上げある俺のトレーニング欲。でも、そこで動き出さないのが肝。

 

「きっと今買っても続かなかったら嫌だしな。もったいないしな。本格的になったら買おうか。」

 

 

と先延ばししながら、ノートにメモしたり、ブックマークなど気になるリストには入れておきました。そして、行動に移るまで自分の気持ちをずっと膨れ上がらせることに集中しました。時がくるのを待つように。

 

 

 

 

④禁欲との出会い。溢れ出して止まらないエネルギーをトレーニングで昇華させる。

f:id:goldjymman:20181016105045p:plain

そして、ここで運命的な出会いです。禁欲というライフハックとのね。

 

まず、体をデカく大きくすることを考えると、テストステロンというホルモンをいかに脳から分泌させるかという結論に至ります。なぜなら、筋肉合成作用をえげつなくもつから。

 

 

そしていろいろと調べました。

 

 

 

 

「大きな筋肉群を鍛えるとテストステロンが大量分泌される」(なるほど)

 

 

「睡眠の質にテストステロンの分泌量が左右される」(なるほど)

 

 

「分泌を促すには、タマネギやネギに含まれるアリシンが良い」(なるほど)

 

 

「テストステロンの生成に亜鉛が使われるので、積極的に摂取するべき」(なるほど)

 

 

「オ〇ニーをやめる。男の禁欲をする」(なるh・・・・・ん?(。´・ω・)ん?)

 

 

 

と、いう風な流れで、筋トレについて調べた結果、性的な有害サイトを見ない、無駄に射精しないという男の禁欲と出会いました。

 

 

いや、むしろ、出会いというか、大学院の時にテストステロンを高めるために性的禁欲を行わせたって言う論文を読んだことがあったので、正しくは再会でしょうか。笑

 

 

そこから10日間以上の禁欲に成功し、トレーニングでの成果を感じるようになりました。

 

禁欲が続くと、トレーニングの粘りや強度が高くなり、非常に充実したトレーニングを送れるようになりました。

 

 

「なんだ。この有り余るエネルギーは!体の芯から熱く!うごめいているようだ!これは落ち着かない!今すぐバーベルを上げ、有り余るエネルギーを使いたい!!!」

 

 

という感情になります。(盛りました)

 

そして、禁欲効果で積極性や行動力が増し、トレーニング内容が本格化すると、体にも変化が現れ、  

 

職場の人に「どうした?なんか今日上半身、厚くない?笑」「肩・背中おおきくなったなぁ~」「何目指してるの?笑」

 

と、声をかけられるようになり、うれしくなり、拍車がかかります!

 

 

 

そして、そして、ジムに通う回数が増えたからこその出会いもありました。

 

 

 

 

そう、しおりちゃんです。泣

 

kinkintoreman.hatenablog.com

kinkintoreman.hatenablog.com

kinkintoreman.hatenablog.com

 

事務の受付のしおりちゃんに一目惚れをし、仲良くなるまで頑張りました。結局お客さんとは連絡先を交換できないという理由で断られましたが、まだ僕は諦めておりません。まぁ、今後も頑張りますよ。泣

 

 

 

まぁ、そんなこんなで「うれしい!楽しい!こんなに禁欲やトレーニングって幸せなんだよ!」っていう気持ちを誰かに伝えたくなり、ブログを始めたこともトレーニングが続いている要因ですよね。

 

kinkintoreman.hatenablog.com

なんかこの記事は暗いというか、クソマジメで申し訳ありません。笑

 

 

もう2か月近く前にもなるんですねぇ。良く続いたもんだ。笑

 

 

ブログでいろんな報告をしていると、トレーニングや禁欲が続き、そして自分の考えや想いを書くのでとても思考の整理ができるようになりました。

 

 

また、いろんなブロガーさんともつながることができ、一人で頑張ってる気がしないんですよね。

 

 

いろんなブロガーさんが、いろんな立場で頑張ってるのを見るととてもブログ自体も楽しくなりました。

 

 

もっともっとトレーニングや禁欲、そして婚活の成果をまとめて、発信していくぞ!っていう前向きな気持ちが僕をジムに向かわせてくれます。いまなんか朝イチのアーリーワークアウトが習慣化しちゃってます。

kinkintoreman.hatenablog.com

 

 

まとめ

f:id:goldjymman:20181016111132p:plain

まだまだ、道すがらの禁欲トレーニーですが、以上のような軌跡を経て、現在は依存症並みのトレーニング生活を送っております。

 

いかに通いやすいかを考え、時にさぼってもトレーニングのことだけは忘れずに、そして禁欲と真摯に向き合い、今の状態があります。

 

 

もっと言えば、サプリメントも飲みながら効果を体感しているところもあるので、それはまた別の栄養編でご紹介します。

 

 

みなさんが少しでも、トレーニングと禁欲に励み、心豊かな生活を送っていただけたら幸いです。

 

 

では仕事頑張りましょう~

 

 

 

ちゃお

 

 

 

/////////////////////////////

編集後記

僕の場合、禁欲のリセットしたときのデメリットをつらつらと書き連ねるより、「○○日まで禁欲したらどれだけ毎日エネルギッシュで幸せなのだろうか」というような未来志向のほうがなんか続きそうな気がします。